ソフトバンク、3失点直後の4得点 4番栗原、逆転打に「必死にいった」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-オリックス(15日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクが強力打線の勢いを発揮した。

 先発の武田が3点を先制された直後の5回、周東の左前適時打で1点を返し、グラシアルの二塁内野安打で続き、さらに2死二、三塁から栗原が逆転の2点二塁打を放った。

 栗原は14日のオリックス戦で今季初めて4番で出場。2試合連続での出場で「4番の仕事」を果たしたて「とにかくランナーを返そうと、必死に打ちにいきました」とコメントした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ