ソフトバンク周東、逆転劇呼び込む適時打に好守備も

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4-3オリックス(15日、ペイペイドーム)   

 ソフトバンク周東が逆転劇に大きく貢献した。

 3点を奪われた直後の5回1死一、二塁。打ちあぐねていたオリックスの先発増井の2球目、外角の真っすぐを左前へはじき返す適時打で、栗原の決勝打などにつなげた。

 二塁の守備でも美技を見せて「何とか、1点ずつ返そうと打席に入った。打てて本当に良かった」と笑顔を見せていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ