【クローズアップ】吉田新境地を目指す 【徳山】

西日本スポーツ

 新たな扉を開こうとしている。吉田光(45)=佐賀=は特訓の前後で思い切りペラを叩き続けた。「伸び型の調整をしたくて、菅(章哉)君に教えてもらった」。衰えることのない向上心で一念発起し、一撃を狙える機力を求めて、ペラと向き合う。

 元々が伸び型を好んでいたが、この調整はまた路線が違い「菅師匠に聞いているけど難しいね」とまだ自分の物にはできていない。ただ「仕上がったときの爆発力はすごい」と、その破壊力に魅せられている。

 現在勝率(昨年11月~)は4点台中盤で、6期連続のB級は確定的。「序盤から良くなかったから、数字は気にしていない。むしろ来期に向けて早くから準備ができる」と落ち込むことはなくプラスに捉え、視線は前だけを見据えている。

 初日の出番は3、2枠の2走。前検はチルト05にしたが「内中枠ならチルトはマイナスや0にしてペラは微調整」と、基本路線は変わらない。伸び型だと不安もありそうなものだが、「まだ慣れていないからか、Sも微調整も内の方がやりやすい」なら絶好の位置。豪快な攻めでスタートダッシュを決める。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング