ソフトバンクの「森ショック」救った継投リレー 9回はモイネロ、今後は?

西日本スポーツ 鎌田 真一郎

 ◆ソフトバンク4-3オリックス(15日、ペイペイドーム)

 「森ショック」にも盤石の救援陣は揺るがなかった。1点リードの9回。左肘の腫れでベンチを外れた森に代わり、マウンドに上がったモイネロは自ら招いた2死一、二塁のピンチで、強打者吉田正を初球スライダーで打ち取る。二塁周東がフライを捕球すると苦笑いを浮かべた。

 「ヒットは2本打たれたが、0点で抑えることができたし、チームが勝てたので良かった」。今季初のセーブシチュエーションでの登板。1死から今季5試合目にして初ヒットを打たれ、連打を許したが最後の一押しは阻んだ。

 絶対的守護神を欠く状況下で、工藤監督は継投策について「腕の見せどころ」と息巻いていた。言葉どおり5回に逆転して1点リードすると、惜しみなく自慢のリリーバーをつぎ込んだ。

 6回はリーグトップ10試合目の登板だった泉が、三者凡退で開幕からの連続試合無失点を2桁に伸ばした。7回は1番安達、2番大城を津森が抑えると、吉田正を迎えたところでスパッと左キラーの嘉弥真にスイッチ。内野安打こそ許したが、後続を断った。

 「1イニングを誰かで補わなければいけなかった。泉も津森の調子も良く、迷いはなかったが8、9回ぐらいかな」

 指揮官はパンチ力のある打者が続く8回を岩崎に託した。最速155キロの直球を軸に代打ジョーンズ、杉本を連続三振に仕留めるなど、きっちり3人で料理。登板後、リリーフ陣最年長の31歳は「森がいない間、ピッチャー全員でしっかりカバーできるように」と頼もしく呼びかけた。

 救援防御率はリーグトップの2・29を誇る。16日からは前回対戦で3タテを食らった西武と敵地で3連戦。「8回モイネロ、9回岩崎ということもあり得ますよ」。指揮官は既にイメージを膨らませていた。 (鎌田真一郎)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ