米大リーグ・ブレーブスから18年1位指名、ソフトバンク・スチュワートが1軍初昇格 工藤監督「中継ぎで試してみたい」

西日本スポーツ

 米大リーグの2018年ドラフトでブレーブスから1巡目指名されたが入団せず、19年5月に福岡ソフトバンク入りしたカーター・スチュワート投手(21)が16日、自身初めて出場選手登録された。

 メットライフドームでの西武戦前に取材対応した工藤監督は「武田君が次投げる機会がないということで抹消して。ファームからいい報告を受けているスチュワート君を登録した。1軍で先発できるかどうかは分からないけど、試してみたいと」と説明。中継ぎでの起用を検討していると明かした。

 3年目右腕は今季2軍戦で3試合に先発し、2勝0敗、防御率1・29と好投を続けている。これまで1軍経験はない。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ