西武森、決勝ソロ&ナイスキャッチ 攻守で活躍も「あれは呉さんが…」とボヤキ

西日本スポーツ 小畑 大悟

 ◆西武2-1ソフトバンク(16日、メットライフドーム) 

 ヒーローは倒れ込みながらもボールを放さなかった。7回2死一、二塁の守備。西武の森が甲斐の一塁ベンチ前へのファウルフライに飛びついた。「あれは呉(念庭)さんが取るべきやと思う。ベンチが近かったので怖いなと思いながら死に物狂いで取った」と苦笑いで振り返った。

 直前にはバットで均衡を破った。同点の6回1死。石川の直球を右翼席に運んだ。勝ち越しの3号ソロ。「久しぶりに完璧な当たりだったのでうれしかった。自分のスイングがしっかりでき、自分のポイントで芯に当たった」と自画自賛した。

 「(高橋)光成が頑張っていたので援護できて良かった」。マスクをかぶっても高橋らを巧みに操った。「多分調子は良くなかったと思うけど、まんべんなくいろんな球種を使えた」。野手陣の離脱が相次ぎ、5試合連続2得点。それでも、そのうち3試合を1失点でしのいで勝ちにつなげた。辻監督は「チームを引っ張るという意味でも中心にいる。常に投打で活躍してもらいたい」と全幅の信頼を寄せている。

 宿敵ソフトバンクに開幕から4連勝を飾り、楽天と同率首位に浮上した。ヒーローは「シーズンはまだまだ長いけど、このまま突っ切っていければいい」と誓った。打って良し、守って良し。手負いの獅子の中心にチームを勝たせる捕手がいる。(小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング