大上卓人がトップ通過 西日本スポーツ杯 【福岡】

西日本スポーツ

 福岡ボートの「西日本スポーツ杯」は17日、ファイナル進出を懸けた準優3番を争う。予選トップ通過は大上卓人。予選ラストも連勝で締めて、8戦6勝オール2連対の荒稼ぎ。得点率は唯一の10点台という独走ぶりで、あとはVの王道をしっかり歩むのみだ。2位は平尾崇典、3位は西村拓也で、今節の“3強”がきっちり準優の白いカポックを手にした。準優の最終ボーダーは6・33で、3日目までのボーダー下からは谷勝幸、深山祐二、村上彰一が勝負駆けに成功。準優好枠も狙えた渡辺崇は、転覆の減点が響いてまさかの予選落ちを喫した。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング