J1福岡、選手のセカンドキャリア支援へ 中村北斗さん「選択肢を持てるのは素晴らしいこと」

西日本スポーツ

 J1アビスパ福岡は16日、選手の引退後のセカンドキャリアを支援するため、クラブの筆頭株主であるシステム設計開発企業「システムソフト」と事業提携すると発表した。選手、スタッフは同社が実施するビジネスセミナーを受講したり、引退後の創業支援、就職先の紹介などを受けたりすることができる。

 福岡市内で提携が発表され、川森敬史社長は「現役を終えた後の人生を体系的に考える仕組みを整えることができれば、選手がプレーに集中できる。その環境を用意することは重要」と話した。

 2019年限りで現役を引退し、自ら食品の移動販売などに取り組むクラブOBの中村北斗さんも「選手は引退後の不安を抱えている。今回の提携で、いろんな選択肢を持てるのは素晴らしいこと」と期待を寄せた。

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング