首位陥落の西武辻監督「2軍? そのつもりです」4回KOの2年目左腕が再調整へ

西日本スポーツ 小畑 大悟

 ◆西武1-7ソフトバンク(17日、メットライフドーム)

 先発投手が試合をつくらなければ、手負いの打線では苦しい。浜屋が4回5失点でリーグワーストの3敗目。辻監督は「2軍? そのつもりです。これだけチャンスを与えて、ローテーションを守ったという感じではない」と再調整を決めた。

 浜屋は初回こそ無失点で立ち上がったが、2回に先制点を献上。3回にグラシアル、4回に松田といずれも2ランを浴びた。「2本ともカウントを取りにいく球を打たれてしまった。自分の力のなさで申し訳ない」と2年目左腕がうなだれた。

 辻監督は「前回もその前もふがいなくて、ゾーンの中で勝負しようとしていた。勝負球が甘い」と反省を促した。同じく調子の上がらない松本もブルペン待機させた。「中(継ぎ)で見ます。しっかり短いイニングで投げてから」と説明。早くも先発ローテにメスを入れ、上間や中継ぎで好投を続けている伊藤らが先発候補に挙がる。

 指揮官は「打てなくても辛抱して勝ち越せばいい。相手より1点取ればいいわけだから」と強調。1日で首位陥落となったが、好調の平井でカード勝ち越しを目指す。 (小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング