活動縮小検討の宗像サニックス「夢のあるチームであり続ける」福坪主将 ムーアら去就不透明

西日本スポーツ

 ラグビー、トップリーグ(TL)のプレーオフトーナメント第2日は18日、東京・秩父宮ラグビー場などで1回戦の残り2試合が行われ、宗像サニックス(TLレッド・カンファレンス8位)が近鉄(トップチャレンジリーグ2位)に21-31で敗れた。宗像サニックスは来季の活動規模縮小を検討中で、2019年ワールドカップ(W杯)日本大会で日本代表のロックとして8強入りに貢献したジェームス・ムーア(27)ら外国人選手を中心に去就は不透明な状況だ。

 九州でただ一つのTLチーム、宗像サニックスは自滅した。3点を追う後半4分に相手FWの退場で1人多い状況となったが反則を繰り返した。後半33分には相手キックの処理に手間取りボールを奪われてトライを許した。クラブは新リーグに参入する来季、活動規模の縮小を検討。ロックの福坪主将は「いろいろ考えさせられたが、試合が始まれば集中できた」と強調したものの、キックの処理に対して「対応できる準備ができていなかった」と騒動の影響を示唆した。外国人選手との契約を絞り込むとみられるが、福坪主将は「夢のあるチームであり続けると思う」と信じた。

PR

ラグビー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング