2点リードでまさかの被弾「うーん…」表情しかめた西武辻監督、それでも前向きの理由

西日本スポーツ 小畑 大悟

 ◆ソフトバンク4-4西武(18日、メットライフドーム)

 西武にとっては信じたくない打球が右翼席に飛び込んだ。2点リードの9回。守護神の増田が中村晃に同点2ランを浴びた。7回はギャレット、8回を平良がしのぎ、最後は増田が締めるはずの「勝利の方程式」が崩れ、辻監督は表情をしかめた。

 「うーん、見ている人はあそこを抑えられれば勝てたのにと思うだけであって…。相手も必死にきているわけだから。増田が今年初めて打たれたが、こういうこともあるからね。後は、同点でよく踏ん張った」

 若獅子の奮闘で白星に手が届くところだった。同点の7回1死二塁。9番山田の右翼線への適時二塁打で勝ち越した。続くルーキーの若林にも左中間を破る適時二塁打が飛び出した。2点差に広げ、開幕から無失点を継続していた平良、増田の両腕で勝利を引き寄せるだけだった。

 カード勝ち越しは消えたが、7試合ぶりに4得点以上を奪って「3点の壁」を越えた。20日のオリックス戦からベテラン栗山が復帰することも決定。引き分けを前向きに捉え、次なる戦いに臨む。(小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング