ソフトバンク先発松本が口にした課題と収穫「あのような投球を…」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4-4西武(18日、メットライフドーム)

 ソフトバンク先発の松本が課題と収穫を口にした。

 1点を先制してもらった直後の初回。先頭打者からの3連続長短打などで逆転を許すと、3回には柳田が犠飛阻止の補殺で無死三塁のピンチから2死走者なしとなりながら、続く呉念庭に中前打を許すなど流れに乗れなかった。「点を取ってもらった直後や、いいプレーをしてもらった直後など、流れをつくらないといけない場面で抑えられなかったことは反省です」。ただ、最後の2イニングはいずれも三者凡退で5回を被安打5、2失点。「4、5回は自分らしい投球ができたので、あのような投球を続けていきたい」とコメントした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ