再開した生誕祭、コールの幻聴が聞こえてきた HKT月イチ報告(上)

西日本新聞 古川 泰裕

 5月12日の14枚目シングル「君とどこかへ行きたい」発売に向け、「つばめ」と「みずほ」の「W選抜」で動くHKT48。活動拠点の「西日本シティ銀行 HKT48劇場」では、ファンがメンバーの誕生日を祝う「生誕祭」や、16人出演の正規チーム公演が順次再開されている。1期生・森保まどかの卒業コンサートを5月29日に控える中、小川紗奈が巣立った5期研究生から、上島楓と水上凜巳花がチームHへ、石橋颯と竹本くるみがチームKⅣへ昇格した。新たな取り組みの始まりと、別れの切なさが交錯した3月を下野由貴(23)、秋吉優花(20)、今村麻莉愛(17)、武田智加(18)が振り返る。 (古川泰裕)※取材は4月2日

 秋吉&今村&武田「♬ハッピーバースデー由貴ちゃーん」

 秋吉「すごい! (差し入れの誕生日ケーキが)桜だ!」

 今村「本当だ! 桜だ!」

 -本日の差し入れは糖分多めです。

 下野「あー、そういうの大好きです」

 (しばらく撮影タイム)

 -あらためて、下野さんお誕生日おめでとうございます。

 下野「ありがとうございまーす。23歳です」

 -まだまだ全然若い。

 下野「全然若いっす。実は」

 秋吉「今年の抱負は何ですか?」

 下野「今年の抱負? なんか…楽しくいきたいよね(キリッ)」

 秋吉「おー」

 今村「かっこいい(笑)」

 秋吉「一番大事」

 下野「目標とか、聞かれると難しくない?」

 -誕生日を迎えた瞬間は何をしていたの?

 下野「(アニメの)『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の最終話を見始めようとしていました」

 武田「しっかりアニメを見てる(笑)」

 今村「いいところやな、多分」

 下野「昨日、1日だけで1話から13話まで全話、見終わったんですよ」

 武田「強い、強すぎる(笑)」

 下野「その最終話を見ようとしていた時ぐらいです」

 武田「『あ、越えた』っていうやつね」

 下野「号泣しながら(誕生日を)迎えています(笑)」

 今村「感動するから」

 下野「昨日、全部水分を抜いたくらい、めっちゃ泣いた」

 -よく一気に見ることができたね。

 今村「でも、まりあも1日で10話くらい見ました」

 下野「5時間くらいっしょ? 全然見られる」

 秋吉「何系ですか?」

 下野「なんかね、泣けるよね」

 今村「感動する感じ」

 下野「めっちゃ感動する系。きれい」

 今村「人の心を取り戻していく、みたいな感じ」

 秋吉「おもろそ」

差し入れの誕生日ケーキに笑顔の下野由貴​​​​​​

DMMが「推しカメラ」状態でめっちゃ緊張

 -劇場公演でも生誕祭が再開。一発目は武田さんだった。

 今村「そうか、もかちゃんからか」

 武田「そうでした」

 -新型コロナウイルス禍で武田さんの生誕祭から開催できなくなったので、武田さんから再開した。

 武田「そうです、そうです」

 下野「(開催の)告知、急だったよね」

 武田「1週間前に言われて『うん?』って。間に合わないよ?って」

 今村「ファンの人も、びっくりしただろうね」

 武田「まじ?って。1週間前だから飛行機も高いし、ホテルも埋まっていただろうし」

 今村「確かに」

 武田「大変だっただろうなって思ったけど、すごいフラワースタンドとか、めちゃめちゃ作ってくれて」

 下野「豪華だったね」

 武田「感謝でしたね、すごく。久しぶりでした。あの感覚」

 今村「緊張しそう」

 武田「めっちゃ緊張した、変に。変な緊張」

 下野「(取材後に自身の生誕祭を控えて)わ、やだなー」

 今村「しかも、あれですよね、DMM(劇場公演の動画配信)だって『推しカメラ』みたいな感じですもんね」

 武田「そう! えぐかった。もう、ずっと映っていますよ」

 下野「うわ、やめてぇ」

 武田「赤ランプで(自分が映されているか)分かるじゃないですか。ずっとカメラがこっちを向いているんですよ」

 下野「やば…」

 武田「すごかった。本当にずっと映っている。それこそ『博多なないろ』公演だから、あんまり映らない曲もあるじゃないですか。そういう曲でも、ずっと映るから緊張」

 今村「でも『なないろ』で生誕祭ができるのも、けっこう珍しいよね。もう終わっちゃうから」

 武田「そう。3人だけですよ。由貴ちゃんと」

 秋吉「そうなの?」

 武田「(今田)美奈ちゃんと3人だけ」

 下野「そうなの?」

 武田「5期研究生は『脳内パラダイス』でやったから」

 下野「ほえー…」

 武田「それぞれのチームの公演も始まるから。レアキャラですよ」

 -あ、そうか。「なないろ」公演での生誕祭はなくなるのか。

 秋吉「うれしい、(下野の生誕祭に)出られるの。いつもはチームが違うから出られないけど」

 下野「そうだよね」

 武田「だから(自分の時も)すっごく変な感じがしました」

 今村「確かにね。普段いない人がいる生誕祭」

 下野「変な感じしそう」

 武田「(自分の生誕祭で)由貴ちゃんが手紙を書いてくれて。チームレッドと出ていたので(下野も)いたんですけど、なぜか自分で読まないという。(神志那)結衣ちゃんが(代わりに)読んでくれたんですけど、視界の中に由貴ちゃんが入っていて。最初に『もかちへ』って言われた瞬間、由貴ちゃんしかそう呼ばないから、めちゃめちゃガン見しちゃって(笑)」

 下野「すぐばれたね(笑)」

 武田「だね、って(笑)。実は、昨年の生誕祭は(NMB48の白間)美瑠ちゃんが手紙を書いてくれていて。それを、まだ出せていなくて」

 秋吉「書いてくれたけど…ってこと?」

 武田「書いてくれたけど(生誕祭が)できなかったから」

 秋吉「えー! そんなことあるんだ!」

 下野「そっか!」

 武田「いつ出そうって思っていたら、(白間が)卒業しちゃうから…」

 今村「ただただ、もらっただけ(笑)」

 秋吉「プライベート(笑)」

 武田「プライベートみたいになっちゃうから。『いつか出そう』って思いつつ『いつ出そう』っていう今です」

 -「なないろ」公演ということで、いつもと違う生誕祭だった。

 武田「それこそ、これまで『手をつなぎながら』でしか生誕祭をしてなかったから。4年『手つな』だったからね」

 今村「4回くらいしたもんね(笑)」

 下野「ずっと同じ公演(笑)」

 今村「もうユニット何していいか分からん(笑)」

 下野「ケーキを持っている衣装が全部同じ(笑)」

 今村「そうそう(笑)」

 武田「やっと『脱・手つな』だった(笑)」

PR

HKT48 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング