ソフトバンク嘉弥真が今季初勝利 「自分らしいピッチングできた」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク6-4楽天(20日、北九州市民球場

 中継ぎ左腕の嘉弥真が今季12試合目の登板で初勝利をマークした。

 同点の6回、3番手の泉が2死二塁のピンチを招いた場面で登板。そこまで2安打を放っていた1番辰巳に対して、初球から4球連続で外角スライダーを続け慎重に追い込むと、最後は140キロの直球で詰まらせ左飛に仕留めた。

 「自分らしいピッチングができたと思います。チームが勝てて良かったです」。直後の攻撃で味方が2点を勝ち越したことで白星を手にし、笑みがこぼれた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ