今年の鷹の祭典は赤く燃える「鷹く!レッド2021」

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクは21日、毎年恒例のイベント「鷹の祭典」で選手が着用する専用ユニホーム「鷹く!レッド2021」を発表した。

 球団によると、今年のデザインはソフトバンクの勝負カラーの一つである「カチドキレッド」がベース。チームとファンが一つになるという意味を込めたネービーブルーのストライプを入れることで、リーグ連覇、そして5年連続日本一を目指しチームとファンが一致団結する気持ちを表現したという。また、ネービーブルーには医療従事者への感謝の気持ちも込められている。

 オンライン会見に臨んだ周東は「個人的に今まで赤のユニホームを着ることがなかったので新鮮」と祭典を待ちきれない様子。モイネロは「キューバの国旗も赤と白と青だから愛着がある。とても気に入っているよ」と笑みを見せた。

 今季の鷹の祭典は9試合が対象。6月28日の西武戦(京セラドーム大阪)、同30日の同戦(北九州市民球場)、7月9~11日のオリックス戦(ペイペイドーム)、同12~14日の楽天戦(同)、8月31日の同戦(サンマリン宮崎)。全入場者(ビジター応援席を除く)にユニホームのレプリカが配布される。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ