瓜生得点率トップ マスターズチャンピオン 【下関】

西日本スポーツ

 下関ボートのプレミアムG1「第22回マスターズチャンピオン」は21日、予選の2日目を終えた。得点率トップは、初日ドリームを制した瓜生正義。2日目12Rはインから先マイしたものの、2Mで魚谷智之に逆転を許し2着。しかし、近況のペラが好調と公言するだけあって、オール2連対を守って気配は悪くない。“新人”ながら戦線を引っ張っている。2位に石田政吾、3位に吉川元浩がつけ、その下は得点率8・00で6人が並ぶ混戦。まだ最大で3走しか消化していない状況だけにここから激しい戦いとなりそう。2日目に機力上昇がうかがえたのは、魚谷に山下和彦、石川真二ら。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング