3連敗の西武・辻監督「非常に良かった」あえて明るい材料探す

西日本スポーツ 喜瀬 雅則

 ◆オリックス4-2西武(21日、京セラドーム大阪)

 西武は難敵山本由伸を攻略し切れず、オリックスに逆転負けで4位に後退した。今回の3連戦負け越しで、1分けを挟んで3連敗と勢いに乗れないが、辻監督は「打線もいい形で(一度は)逆転できたし、打者も結構食らいついていって、非常に良かった」とあえて“明るい材料”を挙げた。

 山本には前回登板まで今季開幕戦での白星を含めても2勝4敗。昨季の対戦打率はわずか1割6分3厘で、本塁打を一本も打てなかった。その右腕に対し、1点を追う6回、源田の今季初の3安打猛打賞となる中前打と森の右翼線二塁打で無死二、三塁とし、中村が三遊間を破る同点の左前打、続く無死一、三塁から栗山の遊ゴロ併殺の間に勝ち越した。「そう簡単に点が取れる投手じゃないからね」と辻監督は“粘り”を評価した。

 ただ、先発の今井が7回4失点。勝ち越した直後の6回2死一塁からジョーンズに右中間同点二塁打、7回2死一塁では宗に勝ち越しの右越え2ランを浴びた。コロナ禍で来日が遅れていたニールダーモディはこの日、2軍で調整登板。先発の頭数が足りない中、22日は今季登板7試合全てがリリーフの伊藤を立てる。「先発投手がこういう状態だから、苦戦は承知の上」と辻監督。投打の戦力が整うまで“我慢の闘い”が続くようだ。 (喜瀬雅則)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング