ソフトバンク森の「ノーノー」止まる「必死で抑えた」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4-1楽天(21日、ペイペイドーム)

 守護神の森が登板10試合ぶりに安打を許したがリーグトップタイの6セーブ目を挙げた。3点リードの最終回に登板。1死から味方失策で出塁を許した直後に浅村から空振り三振を奪い2死までこぎつけたが、鈴木大に外角フォークを右前打とされた。

 3月27日のロッテ戦から4月20日の楽天戦まで9試合連続(9イニング)で続けていた無安打投球はストップしたが、最後は2死一、三塁で茂木を空振り三振。「みんなが必死に頑張っていたので必死に抑えにいった。今はしっかりバッターと勝負できている」。連続無失点は10試合に伸ばし、連勝に貢献した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ