なぜそこにいる!?ソフトバンク周東の守備範囲に場内どよめき

西日本スポーツ

 ◆ロッテ-ソフトバンク(23日、ZOZOマリンスタジアム)

 ロッテは1点リードの4回1死、藤岡のゴロの打球が一、二塁間へ。通常なら右前へ抜けそうなコースだったが、ソフトバンクの二塁手・周東が追いついて好捕した。

 周東が素早く体勢を立て直して一塁送球の構えを見せ、場内がどよめいた。結局、周東は間に合わないと判断して送球を自重。内野安打となったが、俊足を生かした守備範囲の広さに両軍ファンとも驚いた様子だった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ