ソフトバンク6年目のドラ1高橋純平が2年ぶり白星「明日からも頑張ります」

西日本スポーツ

 ◆ロッテ2-3ソフトバンク(23日、ZOZOマリンスタジアム)

 ソフトバンク高橋純が2年ぶりの白星を挙げた。

 1点ビハインドの8回に登板。山口を空振り三振、藤岡を左飛、田村を捕邪飛で三者凡退で切り抜けると、直後の9回に打線が2点を奪って逆転し、白星が転がり込んだ。

 「しっかりと腕を振って投げることができました。負けている場面でしたが、まだ1点差だったので、3人で打ち取って良い流れを持ってこられればと思い投げました。良い投球ができたし、チームが勝てて良かったです。明日からも頑張ります」

 ドラフト1位で2016年入団。19年に45試合に登板し3勝も、20年は右肩、右肘を痛め1軍登板なし。6年目の今季は開幕1軍入りし、これで6試合目の登板となった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ