左手負傷の西武森に辻監督「明日にならないと…」

西日本スポーツ

 ◆楽天2-1西武(24日、楽天生命パーク宮城)

 西武の森友哉捕手(25)が途中交代した。4回の守備で本田のワンバウンド投球を止めようとした際、左手に投球を受けた。いったんはプレーを続行したが、5回の守備から退いた。アイシングで様子を見るという。

 辻監督は「今回のだけではない。今までもそういうのがあって、蓄積していて、少し痛みはあった。明日になってみないと分からないね」と説明した。西武では主力の負傷が相次いでおり、正捕手の状態が気掛かりだ。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング