あぁ…西武6連敗…無敗の平井でも止まらず「流れも何も…」辻監督ワースト8戦勝ちなし

西日本スポーツ 小畑 大悟

 ◆楽天8-4西武(25日、楽天生命パーク宮城)

 西武の連敗脱出を託された無傷の右腕も沈んだ。先発の平井が6回途中自己ワーストの7失点で今季初黒星。チームも2分けを挟んで6連敗で借金2と負の連鎖が止まらない。平井は「こんなピッチングをしているようじゃ勝てません。テンポもリズムも悪かった」とうなだれた。

 悪夢は2回。1死二塁から岡島に右翼線への先制適時二塁打を許すと、楽天打線に集中砲火を浴びた。6本の長短打を食らい、一挙5失点。辻監督は「連敗しているチームは先取点を奪われることを一番やってはいけない。5点はあまりにも大きかった」と重い「5」を振り返った。

 打線もルーキーの早川に苦戦する中、6回に2点差まで迫った。直後に3点を追加されて勝負あり。指揮官も「いけるぞという気になったんだけど、そのあとの3点が響いた」と苦虫をかんだ。

 大阪、仙台と続いたビジター6連戦は5敗1分け。就任5年目で最長の8戦勝ちなしとなった辻監督は「流れも何も、一つ勝たねば。踏ん張らなければいけないとき」と振り絞った。本拠地に戻り、まずは一つ勝つ。(小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング