9連戦初戦で…笠谷自己最短3回降板 また四球から失点

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-日本ハム(27日、ペイペイドーム)

 9連戦の初戦を託されたソフトバンク先発の笠谷が、今季自己最短の3回、被安打4、3四球、3失点で降板した。

 初回1死から2番中田を歩かせ、西川の安打などで2死一、二塁とされて、渡辺の中前打で先制された。3回も2死から近藤に9球粘られた末に四球を出し、渡辺の右前打の後、大田にセンターへの2点三塁打を浴びた。

 ソフトバンクは与四球の多さが課題になっているが、笠谷の3失点も四球からだった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ