福岡大大濠、選抜準Vの明豊に快勝 2年生が投打に活躍

西日本スポーツ

■春季高校野球九州大会

 高校野球の春季九州大会(第148回九州大会)は27日、大分県の臼杵市民球場などで準々決勝4試合を行い、九州国際大付(福岡)が選抜大会に出場した宮崎商に7-0で8回コールド勝ちし、6季ぶりの準決勝進出を決めた。プロ注目のエース柳川大晟(3年)が完封を飾った。選抜大会8強の福岡大大濠は同準優勝の明豊(大分)を4-0で破った。野田愛真(3年)の逆転サヨナラ3ランが出た興南、選抜大会21世紀枠の具志川商の沖縄勢もそろって準決勝へ進出。28日の準決勝では大分市の別大興産スタジアムで興南-九州国際大付、具志川商-福岡大大濠が対戦する。

   ◇    ◇

 福岡大大濠が2年生の活躍で選抜準Vの明豊を破った。3回まで無失点の先発馬場が、4回の先頭打者を出した場面で右肘の違和感を訴えて降板。急きょ登板した左腕森本が最終回までゼロを並べた。公式戦登板は3試合目。しかも回をまたいで投げるのは初めてという森本は「最初は心臓がバクバクした。自分が抑えられるとは思っていなかった」と自信をつけた。7回には山下恭が本塁打を放って援護。エース毛利を温存でき「毛利抜きで勝つことがこの大会の狙いだった。いい雰囲気で戦えた」と八木監督はうなずいた。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング