選抜準Vの明豊 九州大会8強で悔しい敗退

西日本スポーツ

■春季高校野球九州大会

 高校野球の春季九州大会(第148回九州大会)は27日、大分県の臼杵市民球場などで準々決勝4試合を行い、九州国際大付(福岡)が選抜大会に出場した宮崎商に7-0で8回コールド勝ちし、6季ぶりの準決勝進出を決めた。プロ注目のエース柳川大晟(3年)が完封を飾った。選抜大会8強の福岡大大濠は同準優勝の明豊(大分)を4-0で破った。野田愛真(3年)の逆転サヨナラ3ランが出た興南、選抜大会21世紀枠の具志川商の沖縄勢もそろって準決勝へ進出。28日の準決勝では大分市の別大興産スタジアムで興南-九州国際大付、具志川商-福岡大大濠が対戦する。

   ◇    ◇

 選抜大会出場校同士の対戦で明豊が零封された。4度も先頭打者を出したが適時打が出なかった。「1死一塁の場面での攻めがまずかった。つなぐ気持ちはあったが、攻撃が粗くなった」と川崎監督は振り返る。夏の甲子園で春は届かなかった優勝を果たすのが目標。川崎監督は「負けることが一番の薬。危機感を感じてくれれば」と選手の成長を期待していた。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング