ソフトバンク連敗ストップ 武田7回無失点 中村晃、真砂に一発

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク2-1日本ハム(29日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクが連敗を4で止めた。

 打線は日本ハムの池田を捉えきれずにいたが、6回1死、中村晃が右翼席へ2号ソロを放って先制。「(先発の)武田が頑張っていたので、何とか先制点をと打席に入りました。少し大事に打ちにいき過ぎていたので、思い切って打ちにいった結果、ホームランという最高の形になりました」。7回1死には右投手相手でも先発に起用された真砂が左中間テラス席に1号ソロ。「いいスイングで捉えることが出来ました。まさか入るとは思いませんでしたが、追加点となる一本を打てて良かったです」と喜んだ。

 投げてはこの日出場選手登録をされた武田が、7回を投げ、被安打4、7奪三振、無四球、無失点で好投。8回はモイネロが無失点で抑え、9回に森が中田にソロを浴びたが、逃げ切った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ