守護神・森12戦ぶり失点も「全然いいこと」工藤監督

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク2-1日本ハム(29日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクの守護神・森がリーグトップに並ぶ今季8セーブ目を挙げた。

 2点リードの9回に登板すると、1死から中田に初球の直球を左中間スタンドに運ばれ、開幕戦以来となる12試合ぶりの失点を喫した。2死後に渡辺に四球を与えたものの、最後は浅間をフォークで空振り三振に仕留めて試合を終わらせた。

 工藤監督は「打たれることもありますよ。それで勝ち切れたのは全然いいことだと思う」と変わらぬ信頼を口にした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ