男子バレー 初代表の福山汰一&宮浦健人らが生き残りを懸けアピール

西日本スポーツ

 バレーボールの男女日本代表が5月1日(男子は同2日も)、東京五輪競技会場の東京・有明アリーナで同五輪テスト大会を兼ねた親善試合で中国と対戦する。

 男子は5月1、2日に中国と連戦。8、9日に紅白戦を行う。九州勢では熊本・鎮西高出身のミドルブロッカーの福山汰一とオポジットの宮浦健人(ともにジェイテクト)が初めて日本代表入り。女子と同じく代表24人から五輪代表12人を選ぶ予定で、リベロの古賀太一郎(FC東京)=長崎・佐世保南高出身=やセッターの大宅真樹(サントリー)=長崎・大村工高出身、ミドルブロッカーの李博(東レ)=宮崎・日向学院高出身=も生き残りを懸ける。

PR

バレー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング