具志川商が初優勝 3度目V狙った九国大付は惜敗 高校野球春季九州大会

西日本スポーツ

 ◆高校野球・春季九州大会決勝 具志川商3-1九州国際大付(30日、大分・別大興産スタジアム)

 今春の選抜大会に21世紀枠で初出場した具志川商(沖縄)が初優勝を飾った。

 決勝は2018年春以来、3度目の優勝を目指した九州国際大付(福岡)と対戦。5回に2点を先制すると、6回にも1点を追加した。

 九州国際大付も7回に1点を返したが、反撃もここまでだった。

 今大会の具志川商は2回戦で東明館(佐賀)、準々決勝で長崎商を連破。準決勝では選抜大会2回戦で敗れた福岡大大濠に8-0で7回コールド勝ちして、決勝に駒を進めた。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング