「このままではラグビー王国が崩壊する」コカ・コーラ廃部の衝撃広がる

西日本スポーツ 末継 智章

 コカ・コーラボトラーズジャパン(東京)は30日、ラグビーのトップチャレンジリーグ(TCL)に所属する同社ラグビー部の活動を年内で終了すると発表した。来年1月に発足する新リーグへの参入申請は取り下げた。本業の飲料ビジネスに特化することによる改革の一環として、チーム活動を見直したなどと説明している。廃部となり、プロ契約選手16人を含む選手やスタッフの去就は未定。

 ラグビー部は1966年に創部し、2006~07年シーズンにトップリーグ(TL)に初昇格。ラグビーが盛んな福岡市を拠点にしている地の利もあり、07年ワールドカップ(W杯)フランス大会に出場した西浦達吉氏(福岡大出身)や16年リオデジャネイロ五輪7人制男子日本代表主将の桑水流裕策(同)ら地元出身の選手が世界でも活躍した。

 現在も桑水流のほか、東京五輪7人制男子日本代表候補の副島亀里ララボウラティアナラや津岡翔太郎が在籍。今季TCLでは3位だった。日本ラグビー協会によると新リーグ参入を撤回したチームは初めて。

 九州ではTLの宗像サニックスが活動規模の縮小を検討している。(末継智章)

   ◇   ◇   ◇

サニックス活動縮小に続き…九州ラグビー界に衝撃

 コカ・コーラの年内廃部が発表された30日、ラグビー関係者からは困惑や憤りの声が相次いだ。

 昨年まで在籍していた早稲田佐賀高の山下昂大監督は、東福岡高在学中にコカ・コーラの選手と練習し、憧れから入団への思いを強くした。「一番身近なヒーローだった。人、場所、いろんな財産がある。なくなると聞いて言葉が出ない」と絶句した。

 九州では宗像サニックスも活動縮小を検討。福岡市ラグビー協会の魚住俊治会長は「時代の流れとはいえ、合理主義の下に地域に密着してきた活動が軽んじられている。このままではラグビー王国が崩壊する」と危機感を募らせる。

 日本ラグビー協会の森重隆会長は同協会を通じて「地元福岡で親しまれている人気チームの活動終了に正直とても寂しい気持ちでおります」とコメント。九州ラグビー協会の久木元孝行会長も「九州で50年以上リードしてきたチームがなくなるのは非常に残念。子どもたちの夢がなくならないようにしなければ」と話した。

 コカ・コーラと同じく福岡市を拠点とし、新リーグへの参入を表明している九州電力の赤間勝監督は「ライバルチームとして背中を超え、もう一度上に行きたいと思っていたので残念。九州のラグビー界を支える覚悟をいま一度持っていかないといけない」と厳しい口調で語った。

PR

ラグビー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング