「気持ち出していった」J1大分の連敗を止めた男が見据える先

西日本スポーツ

 ◆明治安田生命J1第12節 大分1-0清水(2日・昭和電工ドーム大分)

 大分の町田が貴重な決勝点を奪った。前半38分にコーナーキックのこぼれ球を右足で決めた。「気持ちを出していったのがゴールにつながった」。シャドーストライカーとして前線で起点となり、ここまでチーム総得点の半分にあたる4点を決め、攻撃陣を引っ張る。「まだ一つ勝っただけ。これから連勝して、上位に近づきたい」と誓った。

PR

大分トリニータ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング