ソフトバンク連敗 首位楽天と2差 3点先制も2回以降は…今季初先発二保も崩れる

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4-7楽天(3日、ペイペイドーム)

 2位のソフトバンクが連敗し、首位楽天とのゲーム差を2に広げられた。楽天戦は今季6試合目で初黒星。

 初回、ソフトバンクは先頭周東の中前打と二盗を皮切りに楽天先発の滝中を攻め、相手の守備のミスで先制。なお1死二塁から栗原が「バットの先でしたが、いい所に落ちてくれました」、中村晃が「カーブをうまく拾えた」と2者連続の右翼への適時二塁打を放った。この回だけで3点を挙げたが、2回以降は立ち直った滝中から5回の降板まで安打を打てなかった。

 今季初登板初先発の二保は4回に味方の失策絡みで1点を返されると、5回に浅村、島内の連続適時打で逆転された。7回途中、被安打6、5失点(自責4)で降板。「調子は良かったと思う。初回から先のことは考えず、どんどんストライクゾーンで勝負していった。点の取られ方、ランナーの出し方が悪く、粘れなかった。調子は悪くなかっただけに、すごくもったいない投球。3点も取ってもらいながらリードを守れなかったのは、本当に申し訳ない」と悔やんだ。

 8回に栗原が2試合連続の猛打賞となる4号ソロを左中間に運び、9回も2死一、三塁と一発で同点の場面をつくったが及ばなかった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ