首位楽天に逆転勝ち 連敗止めゲーム差「1」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク6-4楽天(4日、ペイペイドーム) 2位ソフトバンクが逆転勝ちし、首位楽天とのゲーム差を「1」にした。

 1点を先制されたソフトバンクは2回、この回先頭の中村晃が右翼スタンドにたたき込んで同点。さらに2死一塁から9番今宮が右中間にフェンス直撃の適時3塁打。送球が乱れる間にホームにヘッドスライディングで生還する「ランニングホームラン」で3-1とした。

 3回には回の適時打と明かしの犠飛などで2点、4回にも柳田の適時打で1点を加点した。5回に3点を失い2点差に詰め寄られたが救援陣が奮闘。先発笠谷が5回途中4失点でマウンドを降りた後、高橋純、津森、嘉弥真、岩崎、モイネロと無失点リレーで逃げ切った。連敗は2で止めた。

 ソフトバンクはカード勝ち越しをかけて5日も楽天と対戦。和田が先発する。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ