「もったいない」何度繰り返しても足りない笠谷の投球/池田親興

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク6-4楽天(4日、ペイペイドーム)

【西日本スポーツ評論家・池田親興の視点】

 「もったいない」を何度繰り返しても足りない。笠谷の投球だ。打線の援護をもらい、自作自演の4回無死満塁もしのぎながら、勝利投手の権利が懸かった5回を投げきれずに降板。不安定ながらあそこを乗り切れば、何かをつかめると思っていただけに残念だ。

 5回は村林の2ランまではまだしも、続く辰己へのストレートの四球が問題。あれでベンチも大事な勝ち試合を託せなくなった。3回まで1四球で、4回以降に3四球。なぜ急に球がぶれるのか。同じことを繰り返すばかりでは「使いにくい投手」になってしまう。

 150キロを超える真っすぐも変化球も誰もが認める一級品。ただ、それをつなぎ合わせて打者を抑え、1イニングを抑え、試合をつくっていく作業がうまくできていない。「もったいない」うちに何とかするためにも、自分を見つめ直して分析する必要がある。

 野球はポテンシャルだけではできない。ポテンシャルを使い切って、初めてできるものだ。球が突然ぶれる原因は精神面なのか、それとも投球フォームなのか-。まるで「ジキルとハイド」のような二面性を修正できなければ、宝の持ち腐れになってしまう。(西日本スポーツ評論家)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ