和田は反省の弁「2回が全て」今季ワースト5失点降板

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク5-5楽天(5日、ペイペイドーム)

 先発の和田は2回に一挙4失点と乱れた。

 1死からの茂木への死球を起点に、太田の先制打など3連打を含む4長短打を集中されたほか、4回も辰己に適時打を許した。

 今季最短の5回、同ワースト5失点で降板。安定した投球を続けていたベテラン。打線の奮起で黒星は消えたが、この日は精彩を欠いてしまい「結果的に2回の4失点が全て。最少失点で粘ることができなかった。申し訳ない」と己を責めた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ