ソフトバンク緊急宣言の対応検討 西武3連戦、県要請の上限大きく超え動員見込み

西日本スポーツ

 政府が緊急事態宣言の対象に福岡県を加える方針を固めたことを受け、福岡ソフトバンクは7日、正式な内容を確認した上で対応を検討するとした。

 緊急事態宣言までは福岡県が要請している時短営業、集客制限に従って運営する。これによる動員の上限は5000人。対象となる7~9日の西武戦、11、12日のロッテ戦のチケットは6日正午に販売を停止したが、福岡県から「混乱を防止するため販売済みのチケットについては有効としてよい」と判断を得ているとし、7~9日の西武3連戦(ペイペイドーム)は結果として制限を大きく超えての開催となる見込みも明らかにした。

 特に人気イベント「タカガール♡デー」の開催が予定されている8、9日は、2万人の上限で販売したチケットがほぼ完売しているという。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ