低迷J2長崎の松田新監督「全員が同じ絵を描くサッカーを」 初戦は同学年対決

西日本スポーツ

 J2長崎の松田浩監督(60)が7日、オンラインで会見した。育成部長兼アカデミーダイレクターから3日に監督に就任。4勝2分け6敗で15位と低迷するチームの再建に向けて「選手には、自分たちとこのグループを信じてもらいたい。力を結集し、全員が同じ絵を描くサッカーを展開したい」と意気込みを示した。

 J1昇格圏内の2位琉球と勝ち点差は15。ここまで無失点の試合が一度もなく、リーグワースト2位の20失点を喫するなど守備の立て直しが急務となっている。「遠くを見て戦うことは難しい。まずは目の前の試合に勝つこと。J2を見渡しても個の力はそろっている。共通理解を持って連動できるように攻守を構築している」と説明した。

 2005年に福岡、06年に神戸をJ1昇格に導いた手腕で、苦しむチームをどう建て直すか。監督として8年ぶりの指揮を執る初戦は、同学年の小林伸二監督が率いる北九州との9日のアウェー戦となる。(松田達也)

PR

V・ファーレン長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング