西武・山川1軍復帰「必ず優勝したい」 木村と与座も出場選手登録

西日本スポーツ

 西武は7日、与座海人投手(25)、山川穂高内野手(29)、木村文紀外野手(32)を出場選手登録した。

 山川は3月30日の日本ハム戦(札幌ドーム)で1号2ランを放った際、一塁ベース付近で体勢を崩して左脚を痛め、東京都内の病院で左ハムストリングの軽い肉離れと診断されていた。2軍戦5試合に出場し、打率2割、2本塁打、6打点。「ファームではケガしてしまったところを早く治す、ということを最優先に、一カ月ほど調整してきました。必ず優勝したいので、その力になれるよう精いっぱいプレーしたいと思います」

 木村は腰痛のため、4月13日に出場選手登録を抹消されていた。復帰後2軍戦では5試合に出場し、打率3割5分7厘、3本塁打、6打点。「もう腰の方は大丈夫です。一軍に戻ってこられましたので、今日からまた頑張っていきます」

 与座は今季初昇格。2軍戦6試合に登板し、2敗、防御率1・55。「ファームでは先発として調整してきましたが、(どんな場面で投げるかという)立ち位置は関係なく練習してきたつもりです。ファンの皆さんにいいプレーを見せられるように頑張ります」

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング