聖火リレー中止を福岡県が正式発表、全国初 点火式のみ無観客で実施

西日本スポーツ 御厨 尚陽

 新型コロナウイルスの緊急事態宣言の発出決定を受けて、福岡県の服部誠太郎知事は7日、県内で予定されていた東京五輪聖火リレーを中止すると正式発表した。都道府県全域でランナーが走らないのは福岡県が初めて。

 県実行委員会が、東京オリンピック組織委員会と協議して決まった。11日に福岡市中央区の平和台陸上競技場で、12日に北九州市門司区の関門海峡ミュージアムイベント広場で点火式のみ無観客で行う。式には聖火リレーに参加予定だったランナー約100人がそれぞれ参加。隣にいるランナーのトーチに聖火をともして、聖火台までつなぐ「トーチキス」を実施する。

 福岡県内の聖火リレーは11、12日に20市町村を通るルートで実施予定だった。代替コースも検討していたが、緊急事態宣言の発出が決まったため断念した。(御厨尚陽)

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング