送球が「まともに」下腹部直撃、途中退場…川瀬災難

西日本スポーツ

 ◆ウエスタン・リーグ 阪神6-1ソフトバンク(7日、鳴尾浜)

 川瀬が“珍アクシデント”に見舞われた。

 「2番遊撃」でスタメン出場したウエスタン・阪神戦の6回、守備中でのことだった。1死一、二塁から小幡は一ゴロ。一塁ベースを踏んだリチャードがタッチプレーで併殺を狙い、二塁へ転送したが、その送球がベースカバーに入った川瀬の下腹部を直撃。しばらくグラウンドにうずくまって動けず、そのまま途中退場した。

 「まともに当たったんですよ。痛かった…」と試合後は苦笑いで語っていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ