小料理屋 そのへん だしを生かした土鍋ご飯 福岡市博多区

西日本スポーツ

 隣にある「炉端 香家」の2号店として3月29日にオープン。北海道の利尻昆布や鹿児島県枕崎市産かつお節で取るだしを使った料理が自慢だ。その一つが土鍋ご飯の「霜降り和牛のいくらぶっかけ」(1840円)。

 「米にもこだわり、日によって産地を替えています」と店長の末松純平さん(26)。取材日は大粒で粘りが強い新潟県産「新之助」だった。土鍋でふっくらと炊き上げる。その上に九州産黒毛和牛の希少部位・クラシタを軽くあぶってのせ、いくらをたっぷりとかける。みそ汁(440円)と一緒に味わうのがお勧めだ。

 福岡市博多区冷泉町8の21、2階。電話092(261)2322。不定休。

PR

グルメ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング