新外国人レイが入団会見「準備できている」メジャー8勝の196センチ右腕 15日の2軍戦で来日初登板も

西日本スポーツ

 ソフトバンクの新外国人コリン・レイ投手(30)が8日、オンラインで入団会見を行った。

 先発陣の一角として期待される身長196センチ、体重106キロの右腕は「試合で投げる準備はできている。自分はストライクゾーンでどんどん勝負するタイプ。強いチームに入れたので、みんなで勝ちを分かち合えるように」と語った。

 ペイペイドームで行われた西武戦の試合前練習にも参加し、工藤監督やチームメートらにあいさつ。「いい雰囲気で、勝つ意識が高いチームだと感じた」と5年連続日本一を目指すチームの印象を語った。早ければ15日のウエスタン・中日戦(タマスタ筑後)で実戦登板する

 レイは主に先発で米メジャー通算35試合に登板して8勝8敗、防御率4・79。昨季はカブスで9試合に登板して1勝1敗、防御率5・79だった。加入1年目の今季はコロナ禍で来日が遅れ、4月23日に福岡入りした。

 

 

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ