福岡大が2季連続59度目Vで全日本大学選手権へ 2位西南大との直接対決制す 九州六大学野球

西日本スポーツ

  ◆九州六大学野球春季リーグ 福岡大5-1西南大(8日、福岡市・今津運動公園野球場)

 福岡大が西南大を破り、最終戦を残して2季連続59度目のリーグ優勝を決めた。

 第4週まで8戦全勝の首位福岡大と、7勝1敗の2位西南大の直接対決。福岡大は4回に主将の永江大樹(4年・東福岡)の適時三塁打などで2点を先制。1点差に迫られた直後の5回にも2点を加えるなど14安打で計5点を奪った。先発の村上幸人(3年・九産大九州)は1失点完投で今春5勝目を挙げた。

 福岡大は全日本大学選手権(6月7日開幕、神宮など)に出場し、初戦で広島六大学野球連盟代表と対戦する。

PR

大学野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング