9回2死満塁で柳田不発 ソフトバンクが今季2度目の零封負け 拙攻のオンパレードでマルティネスを見殺し

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク0-2西武(8日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクが拙攻のオンパレードで今季2度目の零封負けを喫し、本拠地で力投したマルティネスを見殺しにした。

 1点を追う2回にグラシアルの右中間二塁打で無死二塁としたが、西武先発の松本に後続を断たれて無得点。4回と6回の無死二塁も生かせず、7回無死一、二塁では続く3人がフライアウトに打ち取られた。

 3番手平良を攻めた8回2死一、三塁では甲斐が空振り三振。9回は4番手ギャレットから2四球と犠打で1死二、三塁としたが、上林が二飛。代打明石の四球で二死満塁となった後、主砲の柳田が遊ゴロに倒れた。

 移籍後初めて本拠地福岡で登板したマルティネスは7回を5安打2失点。先発の役目を果たしたものの、打線の援護に恵まれずに今季初黒星を喫した。

 ソフトバンクの零封負けは4月1日のオリックス戦で山本に完封されて以来、31試合ぶり。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ