初日DRは白井中心 開設68周年 【徳山】

西日本スポーツ

 徳山ボートのG1開設68周年記念「徳山クラウン争奪戦」が9日、開幕する。前回67周年の覇者で、2月の徳山中国地区選も制した茅原悠紀をはじめ強豪が集結。地元からは両エースの白井英治、寺田祥ら8人が、地元タイトル奪還へと他支部勢を迎え撃つ。エンジンは4月9日が初下ろしで使用2~4節。素性は未知数の中、エース機候補の29、47、50、54号機は秋元哲、小坂尚哉、太田和美、山口剛がゲットし、山口が好感触。初日と2日目の12Rにダブルでドリーム戦が組まれ、初日は「クラウンドリーム」を争う。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング