5番車の田村裕也が師匠を連れて殊勲の白星 ミッドナイトF2【小倉】

西日本スポーツ

 小倉競輪のミッドナイト開催(久留米市主催)が8日、開幕した。チャレンジ戦は1、2Rこそ得点上位の1、2番車が勝てなかったが、3Rで1番車の地元・吉田勇気が快スピードで捲り勝ちを収めると、4Rの1番車・和泉尚吾は後位の競りを尻目に落ち着いて駆けて粘り込んだ。
 1、2班戦は、7R5番車の田村裕也が殊勲の押し切り勝ちを収めた。師匠の山本宏明との初連係に大いに奮起し、前を取っての突っ張り逃げ。「これしかないと思っていた。最後も踏み直せた」。以前に小倉のチャレンジ戦で、快調に逃げながらも大失速し、ばっさり抜かれた過去がウソのよう。粘りが格段にアップし、師匠の山本も「強いわ。ワイが抜ける範囲を超えているわ」とべた褒めだった。田村は1、2班戦で初の予選1着というおまけ付きだった。
 最終9Rの初日特選は、今期6Vの大西貴晃が白星発進に成功。「調子は変わらずいいが、後ろに申し訳ないレースになった。いろいろ修正したい」。ラインで決まらなかったのは残念でも、アタマで売れていたオッズに応えたのは確か。準決こそはしっかりラインでワンツーを目指す。

 

<各レースの見どころ>
(1R)大知の先行一車。初日に後輩任せで脚を余した河添も、憂さ晴らしの一発への意欲は満々。
【3連単】12-123-236。
¥的中¥ 2-1-3 1460円

(2R)事実上、田の逃げイチ。ただ経験値はまだ乏しく、坂本の揺さぶりが怖い。
【3連単】3=2-145に、145ボックス。
¥的中¥ 2-3-5 2880円

(3R)別線はあくまでも自在型で、吉田に先行争いのライバルは不在。実力者神開が番手だが、好位勝負を挑む谷口の存在がやっかい。
【3連単】2-5=1、2-1-346。
¥的中¥ 2-1-3 1830円

(4R)和泉が強い。焦点は7番車岡田が追走なるか。大中が和泉とも遜色ない脚力で、自力同士の決着も十分。
【3連単】1-7-256、1=2-567。
¥的中¥ 1-2-5 660円

(5R)実質逃げイチ土居の粘り込みも十分だが、三槻のタテ脚なら3番手を確保できれば突き抜けそう。川口も同様。
【3連単】12=3-1245。

(6R)久留米トリオがぜひとも奮起したい一戦。若い竹元の頑張りを丸林は無駄にはしない。穴は、けがで点数を落としているだけの野崎。
【3連単】4-3=5、7=34-345。

(7R)逃げる才迫を松尾がスピード良く捲る。その勢いを借りて名川がきっちり差す。低配当を嫌うなら、黙って薄目の3着。
【3連単】1=2-567。

(8R)堀のスピードを信頼するが、田村の動きがいいので中四国勢も好勝負。
【3連単】1-24-245、2-156-156。

(9R)大西の機動力が断然。中近勢は前残りの展開に持ち込みたい。あとは高木の差し切りか、四国勢どちらかの3着。
【3連単】1-23-456、1-2-7、2-1-35。
 

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング