大西貴晃が今期7Vに挑戦だ ミッドナイトF2 【小倉】

西日本スポーツ

小倉競輪のF2ミッドナイトは9日の2日目、各階層の準決をメインに開催。チャレンジ戦の準決3Rは叩き返した吉田勇気が逃げ切り勝ち。4Rは和泉尚吾が突っ張り先行で粘り込んだ。

1、2班戦の準決は捲り3連発。7Rは松尾勇吾が2角4番手、8Rは堀僚介が1角6番手、9Rは大西貴晃がHS前5番手からそれぞれ豪快弾を放って1着ゴール。

最終日の8Rチャレンジ決勝は和泉が今期3度目、9Rの1、2班決勝は大西が同じく7度目のVを目指して激走する。

【8R・チャレンジ決勝・のコメント】
(1)和泉尚吾 とにかく大中さんの前にいれば何とかなると思ったが、踏む距離が長くて苦しかった。自力で。
(2)谷口幸司 たまたま内が空いて番手に行けたが、勝負どころで反応が遅れたし、調子は良くない。和泉君。
(3)大中拓磨 川本さんが入れてくれたおかげ。あれが全てですよ。準決の分も決勝は自力で頑張ります。
(4)吉田勇気 突っ張れなかった…。(完全優勝した)前回小倉に比べると調子は10分の1くらい。自力。
(5)南 和夫 ギリギリで2着に入れたけど、あれが自分の限界です。体調は問題ない。吉田君マークで。
(6)菊谷信一 樋口君が強気なレースをしてくれたおかげで優出できたし、レースが見えていた。大中君に。
(7)川本恵二 大中君を入れてあげるのは自分の仕事。菊谷君にはいつも世話になっているし、近畿3番手で。


【9R・1、2班決勝のコメント】
(1)大西貴晃 行けるところを何度も逃したし、準決は状態が悪かった。軽くなるように修正します。自力で。
(2)名川 豊 松尾君が強かったし、連仏さんが持ってくると思ったので、冷静に対処できた。大西君に。
(3)堀 僚介 田村君が掛かっていて、佐竹さんのけん制もきつかった。それでも1着だし、調子はいい。単騎で。
(4)松尾勇吾 早く仕掛けたかったけど、才迫さんがうまくて行けなかった。初日より体は動いた。自力で。
(5)高木竜司 大西君の仕掛けにタイミングが合わなかったが、何とか食らいつけた。同県ラインで松尾君に。
(6)連仏康浩 松尾君の捲りが止まったと思ったけどなぁ。特選回りから3着、3着なら悪くない。田村君。
(7)田村裕也 1、2班の優出はラインのおかげ。点数の低い今がアピールのしどころだし、積極的に頑張る。

 


<各レースの見どころ>

(1R)実質逃げイチの田がマイペースで駆ける。後ろは樋口が無風状態も、高谷や坂本の切り込みに注意したい。
【3連単】3=1―25。岡山勢が追い上げての3=5―14も。


(2R)逃げ1回、捲り6回、バック3回の河添は一般戦レベルだと立派な自力レーサー。対抗は「自分で前々」という塚本。
【3連単】力と力で1=2―345。


(3R)大知の機動力が上とみたが、大竹野もスキがあればカマシを狙っている。
【3連単】大知の連勝で1―6―245。


(4R)復調途上の片山が、地元バンクの特徴を踏まえた先行策で粘り込むか。川口と奥谷の中近ラインも互角戦。
【3連単】先行力で上回る片山で5=4―123。


(5R)才迫に目標を絞った三槻が決め脚を発揮する。寺崎は脚を戻す意味も含めて「自力自在に」。
【3連単】三槻が差し切って1―3―246。


(6R)3着で優出漏れの清水が、準決で素晴らしい先行勝負を展開した大城マークで首位最短。中四国の3人はそれぞれ別行動か。
【3連単】清水から1―246―246とやや手広く。


(7R)逃げるのは格下の土居で間違いないとみて、番手の佐竹に1勝機。ただし秋山、伊藤も中団すんなりなら逆襲可能。
【3連単】佐竹から1=2―3、1=3―4。


(8R)出て行くのはライン3車の大中か。位置取りもできないことはない和泉が中団捲りで2連続完全Vへ。吉田は6番手捲りでどこまで迫れるか。
【3連単】「和泉君との相性は抜群」という谷口の差し目もありそうで、折り返しの1=2―456が本線。


(9R)大西は調子が良くなさそうだが、そもそもの底力が違う。順当に3連勝Vを決めて、次節でS級特昇にチャレンジする。
【3連単】大西がVゴールで1―2―346。


 

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング