白井ドリーム制す 開設68周年 【徳山】

西日本スポーツ

 徳山ボートのG1開設68周年記念「徳山クラウン争奪戦」が9日、開幕した。ドリーム第1弾の12Rクラウンドリームはイン白井英治が、好Sを決めたカド原田幸哉に脅かされながらも何とか先マイ。BSでも原田幸に迫られたが、締め込んで退けて先頭を守った。11Rまでは2日目ドリーム組が貫禄を見せ、寺田祥と田村隆信が前半の5枠で白星を挙げれば、菊地孝平は6、4枠で2、3着の好走。太田和美も後半の4枠で白星。予選組では歴代覇者に名を連ねる魚谷智之が4、6枠で2、1着。いずれも、成績通りに機力も好レベルだ。ドリーム第2弾の2日目12Rは、徳山ボートのマスコット名を冠した「すなっちドリーム」。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング