嫌な流れ変えた工藤監督の執念継投/藤原満

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク3-1西武(9日、ペイペイドーム)

【西日本スポーツ評論家・藤原満の視点】

 西武に地元でこれ以上負けられない大事な状況で、工藤監督の執念の継投策が実った。

 先発の松本は立ち上がりがぴりっとせずにどうなることかと危ぶまれたが、3回以降は見事に立ち直った。一方で打線は前の2試合と同様に残塁の山を築いた。嫌な流れを変えたのが中継ぎ陣の踏ん張りだった。

 6回に松本が1死から四球を出すと、左の栗山に嘉弥真、続く右の山川に津森をワンポイントで投入してピンチの芽を摘み取った。そして柳田が挙げた貴重なリードを、救援陣が完璧な仕事で守り抜いた。

 故障者続出のホークスは、しばらく全員が力を出して戦わなければならない苦しい試合が続くだろう。だが、ホークスは選手層の厚さで、ある程度カバーができる。これは今後の戦いを考えると大きい。

 中盤以降に打ち込まれることが多かった松本も、この日の投球で自信を取り戻したのではないか。持っているボールは一級品。コースを狙おうと考えずとにかく腕を振って堂々と投げていけば、おのずと白星がついてくるはずだ。(西日本スポーツ評論家)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ