西武「左→左リレー」裏目 平良ら休養日で苦肉の策

西日本スポーツ 小畑 大悟

 ◆ソフトバンク3-1西武(9日、ペイペイドーム)

 勝負をかけた継投の一手は実らなかった。同点の7回2死三塁で打席にはソフトバンクの柳田。辻監督は左の武隈から左の小川にスイッチしたが、2ボールから高めに浮き、勝ち越しの右前適時打を浴びた。

 裏目に出て逆転負けを喫した「左→左リレー」の一手について辻監督は「武隈の球よりは相性もいいというところで(の交代)」と昨季柳田に対し5打数1安打という小川の相性の良さを考慮したと説明した上で「あれは失投だね。低めに放っておけば一塁ゴロになってくれると思うが、ちょっと高かった」と厳しい表情を見せた。

 先発の平井が6回まで1失点。ただ記録に残らない守備のミスもあり、109球と球数が増え、ブルペン勝負となった。ベンチ入りしていたが、連投中の平良、ギャレットは休養日。限られた戦力の中での投手リレーを強いられ、相性の良かった小川にピンチを託したが、甘く入った。

 打線も初回に1点を先制しながらも、2回無死一、二塁のチャンスをつぶすと、3回以降は無安打に終わった。辻監督は「1、2回のヒットで終わって、点を取れなかったのでこういう形になった。2点目が取れなかった」と唇をかんだ。福岡では今季6試合目での初黒星で再び借金1。次は杜(もり)の都で今季未勝利の楽天に挑む。(小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング